スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)

 13日午後0時35分頃、千葉県大網白里町の白里中央海岸で、海で水遊びをしていた10歳くらいの女児が深みにはまっておぼれ、助けに向かった40歳くらいの女性と、50歳くらいの男性も相次いでおぼれた。

 東金署によると、女性は搬送先の病院で死亡が確認され、女児と男性も病院で治療を受けている。

 同署によると、現場は遊泳禁止区域。同署で3人の身元などを調べている。

<1億円>「倉庫にあった」男性、車と勘違い 神戸(毎日新聞)
障害者の約7割、「差別や偏見受けた」(医療介護CBニュース)
おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
首相動静(6月13日)(時事通信)

女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(読売新聞)

 長野県警長野中央署は6日、長野市内の女子高校生(17)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 発表によると、高校生は同日午後3時頃、自宅で、同居する会社員の兄(25)の脇腹を包丁で刺した疑い。兄は病院に運ばれ、命に別条はないという。

 家族の110番で駆けつけた署員に、高校生が「刺したのは私です」と認めた。同署が動機などを調べている。

21世紀の脅威は中国 櫻井よしこ氏講演(産経新聞)
殺人 息子が2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌(毎日新聞)
エジプト エジプト・日本科学技術大学が開校(毎日新聞)
いじめ言葉監視→通報…学校裏サイト監視システム(読売新聞)
代表動静(6月4日)(時事通信)

東尾修さん「親子のきずなのほうが強い」(産経新聞)

■ベストファーザー授賞式

 父の日(6月20日)を前に、すてきな父親を選ぶ「ベスト・ファーザーin関西 イエローリボン賞」の授賞式が2日、大阪市北区のホテルで開かれた。

 日本メンズファッション協会などが主催。野球解説者の東尾修さん(60)、元WBCバンタム級王者、長谷川穂積さん(30)ら8人が選ばれた。

 娘、理子さんの結婚を控えた東尾さんは「娘をとられるような感じだが、親子のきずなのほうが強い」と、新郎の石田純一さんに対抗心を燃やしていた。

【関連記事】
石田純一、遼にアドバイス「恋愛絶対必要」
東尾理子、ウエディングドレスで登場
東尾理子ノロケ、美肌の秘訣はラブパワー
長谷川があご骨折…歴史的“統一戦”実現の裏側
前WBC王者の長谷川、再起はバンタム級で
「はやぶさ」帰還へ

原発をめぐる主な裁判(時事通信)
元専務ら強制捜査へ=ローソン子会社の不正流出―特別背任容疑・東京地検(時事通信)
4月の鉱工業生産、1.3%上昇=輸出好調で2カ月連続―経産省(時事通信)
社民沖縄県連「連立解消を」(時事通信)
「帰国すると車なかった」放置車両横流し(読売新聞)

女性に聞く、公共トイレに不満はありませんか(Business Media 誠)

 公共トイレで困ったことや嫌な経験をしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。女性で、公共トイレに寄ろうとしたら順番待ちの列が長すぎて「並ぶのを断念したことがある」と答えた人は87.1%に達していることが、アイシェアの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 また用を済ませた後に手を洗おうとしたら、手洗い場所が順番待ちになっていて困ったことが「ある」(54.4%)人も半数を超えた。

 順番待ちで困った経験がある人は多いようだが、公共トイレで嫌な目にあったことが「ある」という人は30.5%。具体的なエピソードを聞いたところ「便器や床が排泄物で汚れていた」「排泄物を流してなかった」「トイレットペーパーがなかった」「カギがかかりにくく、ドアを開けられた」「入っているのにしつこくノックされた」といった意見が多かった。このほか「水を使ってないのに化粧直しなどで蛇口の前から離れない人がいる」「和式がイヤだからと、トイレが空いたのに入らず、後ろの人に声かけもしない人が時々いる」などの声もあった。

 公共トイレに不満を持つ人も少なくないようだが、改善するためにはどのようにすればいいのだろうか。公共トイレに不満を持っている人に聞いたところ「清潔にしてほしい」「個室の数を増やしてほしい」という意見が目立った。また「洋式トイレを増やしてほしい」「もっと個室内の荷物置き場を広くしてほしい」「手洗いスペースとメイクスペースを分けてほしい」「並ぶラインをきちんと示してほしい」といった意見も多かった。「“誰もが快適に使える清潔な公共トイレを”というごくシンプルな願いだが、実現するために解決すべき課題は数多いようだ」(アイシェア)

 インターネットによる調査で、20〜40代の女性419人が回答した。調査期間は5月6日から5月11日まで。

【関連記事】
男性用トイレ、小便器は必要なのか
「立ち」でもない、「座り」でもない……“ひざつきション”を試してみた
トイレを見ればその会社の勢いが分かる理由

独法通則法改正案を可決=参院総務委(時事通信)
咲き誇る“日本一”鴻巣のポピー畑(産経新聞)
金閣寺に63面の障壁画 岩澤重夫氏の遺作(産経新聞)
河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度(Business Media 誠)

警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)

 東京都新宿区の路上で14日未明、警視庁自動車警ら隊の男性巡査部長(34)が整備不良の車を停止させて中を調べていたところ、男が車を急発進させ、巡査部長を振り落とし逃走した。巡査部長は頭に軽傷。警視庁新宿署は殺人未遂と公務執行妨害の疑いで男の行方を追っている。

 同署によると、14日午前3時ごろ、巡査部長が同僚の隊員(34)と車内を調べていたところ、タバコのケースに入った大麻のようなものを発見。事情を聴いたところ、男は猛スピードで車を後退させ、巡査部長を約10メートル引きずって振り落とし、逃走した。

 同署の調べでは、車は白いワゴン車で、ナンバー灯が消えた整備不良の状態で走行していた。巡査部長らに提示した免許証によると男は20代だった。同署は車の所有者にも事情を聴くなどして捜査する方針。

【関連記事】
アヘンの原料…「不正ケシ」の自生が激増 都内300カ所で確認
“内縁の妻”矢野きよ実「一緒に更生します」判決に涙
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
YOU THE ROCK★に実刑判決 大麻所持事件
元教頭に大麻譲り渡し容疑 奈良県警、無職の女逮捕

登記翌年の提案に、小沢氏「そうしてくれ」(読売新聞)
県内移設まで40数カ所検討=官邸入りで「認識新たに」−鳩山首相(時事通信)
普天間移設 官房長官が徳之島町議5人と会談(毎日新聞)
小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
絵本 「本の過疎地」に寄贈訴え 福島・飯舘(毎日新聞)

<カキツバタ>雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)

 日本三大自生地の一つに数えられ、国の天然記念物にも指定されている京都市北区の大田神社境内のカキツバタが見ごろを迎えた。約2万5000株の紫の花が雨で一層映え、訪れる人を楽しませている。

 自生地は境内の「大田ノ沢」。平安後期から鎌倉初期の歌人・藤原俊成が和歌に詠んだ名所でもある。大田神社によると、花は今月下旬ごろまで楽しめそう。葵祭(15日)がある中旬ごろが一番の見ごろという。

 姉妹で訪れた同市伏見区の西田真知子さん(60)は「水滴で色鮮やかさが際立っている」と目を奪われていた。【望月亮一】

【関連ニュース】
シカに矢:「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者
文化財保護法違反:39歳容疑者逮捕 シカにボーガン
ルリカケス:陽光に包まれて 奄美大島
トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園
臥龍桜:陽気に誘われ満開 岐阜・高山

<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
高齢者住宅の発展目指す事業者団体が発足(医療介護CBニュース)
JR京葉線、蘇我―海浜幕張間で運転見合わせ(読売新聞)
橋下知事が憲法改正に言及 「議院内閣制変えるべき」(産経新聞)
連立離脱も選択肢=普天間の県内移設けん制−社民の照屋国対委員長(時事通信)

介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)

 ボランティアとして介護支援をする高齢者に換金できるポイントを付与する「介護支援ボランティア制度」の実施地域が急増している。同制度を新たに導入する市町村はこれまで、年間10程度で推移してきたが、今年度は全国で20程度に倍増し、全国の実施地域は50程度になる見通しだ。

 2007年に全国で初めて同制度を導入した東京都稲城市によると、08年度に新規に同制度を導入したのは、把握している範囲内で全国で11件、09年度は12件で推移しており、同年度末時点で約30の市町村が運用している。

 厚生労働省によると、介護支援ボランティア制度への問い合わせは、「一昨年までほとんどなかったが、昨年から急増した」(振興課)という。少なくとも7つの都道府県の中の市町村から問い合わせがあり、「今年以降は導入地域が急増する可能性が高い」(同)とみている。

 実際、今年4月に静岡県袋井市、福岡県篠栗町が両県では初めて同制度を導入。稲城市が把握しているだけでも、導入を検討している市町村が20程度あるという。また、静岡県が昨年行った同制度に関する調査では、袋井市を含む県内の16市町村が導入を検討していたことが明らかになっている。


【関連記事】
介護支援ボランティア制度開始、県内初―福岡県篠栗町
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明

「3倍目が疲れる」実験結果 3Dテレビ健康不安ないのか(J-CASTニュース)
<愛知5人殺傷>強い怒り、何度も刺す 長男、家族全員に(毎日新聞)
政府目標、達成厳しい=次世代車普及で−自工会会長(時事通信)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年−式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)

「心境さわやか」舛添氏、午後に離党届提出へ(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は22日午後、矢野哲朗・元外務副大臣とともに自民党本部を訪れ、離党届を提出する。

 23日午後に都内で記者会見し、新党旗揚げを正式発表する。

 舛添氏は22日朝、都内の自宅前で記者団に、「雨が降っているけど、さわやかだ」と心境を語った。その後、国会内で、同日中に離党届を提出する考えを表明したうえで、新党結成について、「いったん(自分が)改革クラブの中に入り、これを新党に変える形の手続きになる」と語った。また、参加議員について、「少なくとも5人以上の国会議員がそろわないと政党ではない。選挙を戦うことになれば、きちんとした政党を持つ必要がある。もっとメンバーは増える」と強調した。

 参院選への対応については、「広く一般から(候補者を)公募して、私たちが審査して、適格ということになれば、公認して全面的に支援したい」と述べた。

 新党には、舛添、矢野両氏のほか、自民党に離党届を提出した小池正勝参院議員、改革クラブの渡辺秀央、荒井広幸、山内俊夫の各参院議員の計6人が参加する見通しだ。

 新党結成に動いた舛添氏に対し、自民党は反発を強めている。同党の大島幹事長は22日朝、党本部で記者団に、「我が党議員を(新党に)勧誘する行為は、党の規律を乱す行為で、断じて見過ごせない。政党政治家のあるべき道として、議員辞職して、党に議席を戻し、(新党に)参画すべきだ」と述べ、舛添氏を批判した。

 一方、先に自民党を離党した無所属の鳩山邦夫・元総務相は22日、都内で記者団に「舛添新党」への自らの参加について、「今のところ、そういう考えはない。無所属で、自由な立場で大同団結に力を注ぎたい。大本命(舛添氏)が動き出したということは、日本の政治が変わる地殻変動の序曲が始まったと思っている」と語った。

手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん(時事通信)
「子ども女性安全対策係」初摘発は盗撮容疑男(読売新聞)
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)
スカイマークが改善計画=「ヒヤリハット」懲罰対象外−国交省(時事通信)
菅家さんの選挙権回復(産経新聞)

間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)

 マラソンとヨットでの世界一周「アースマラソン」に挑戦中、前立腺がんが見つかったタレントの間寛平さん(60)が、現在通過中のトルクメニスタンでマラソンを一時中断し、アメリカで放射線治療を受けることになった。アースマラソン制作委員会が、15日発表した。

 間さんは一昨年12月大阪を出発、今年1月にトルコでがんと判明した。その後も薬を飲みながら走り続け、今月14日にイランからトルクメニスタンに入った。

 間さんは「完走するために決めました。早く、走る姿をみんなに見てもらえるよう頑張ります」とのコメントを発表した。【長沢晴美】

【関連ニュース】
間寛平さん:イラン映画に主演 世界一周中に
間寛平:「完走するために決めました」アースマラソンを一時中断 前立腺がんの放射線治療で
沖縄国際映画祭:「ラン アンド ラン」ビーチで上映 間寛平さん、中継で登場
間寛平:イランのTVでもアヘアヘしまくり
間寛平:アースマラソン 北米大陸横断に成功 NYで「めちゃめちゃうれしい」

CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
都バスに乗用車追突、7人重軽傷(産経新聞)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
身長74cm、世界一背の低い男性が死去=享年21歳
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)

誤ってアクセル踏み込む? =立体駐車場の車転落事故−大阪(時事通信)

 大阪府八尾市の立体駐車場から乗用車が転落、男性2人が死亡した事故で、車は高さ約1.3メートルの金属製の柵を突き破り転落していたことが8日、府警八尾署への取材で分かった。
 同署は、運転していた男性がアクセルをブレーキと間違え踏み込んだ可能性があるとみて、現場検証をして原因を捜査し、死亡した2人の身元確認を急いでいる。
 同署によると、2人はそれぞれ運転席と助手席に乗っており、全身を強く打っていた。車は高さ12センチの車止めを乗り越え、正面から柵に突っ込み、前部から約8.3メートル下の地面に転落。その後、裏返しにひっくり返った可能性が高いという。 

【関連ニュース】
立体駐車場から車転落=乗車の男性2人死亡
弟助けようと…10歳水死=子供5人、港で釣り中
ラグビー元日本代表、転落死=帰宅途中、JR鎌倉駅
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡

<掘り出しニュース>銀閣寺、2階内部に漆 創建時の輝きに……ただし拝観不可(毎日新聞)
東大と医学部目指す「エリート校」 幸福の科学が全寮制中高を開設(J-CASTニュース)
SoftBank 930N、メールに関する不具合を改善するソフトウェア更新開始
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)
<COP10>会議で出るCO2 「排出権」の購入で相殺(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
携帯ホームページ
債務整理・自己破産
債務整理 無料相談
出会いランキング
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    桃医 (01/08)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    オリンキー (01/03)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    タンやオ (12/30)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    モグモグ (12/18)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    俊之 (12/05)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    機関棒 (11/26)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    XXまるおXX (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM