<< <小沢幹事長>午後、事情聴取 検察側、関与など説明求める(毎日新聞) | main | 看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく−大阪府警(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)

 八ツ場(やんば)ダム建設による水没予定地にある群馬県長野原町の川原湯温泉で20日早朝、ふんどし姿の男たちが2組に分かれて湯をかけ合う奇祭「湯かけ祭り」が行われ、住民らが地域の繁栄などを祈願した。

 氷点下4度まで冷え込む中、呼び出し太鼓の音が温泉街に響いた後、紅白に分かれた男たち約60人が湯元の共同浴場からが登場。「お祝いだ、お祝いだ」のかけ声とともに、一斉におけにくんだ湯を約1時間半にわたり、威勢よくかけ合った。

 川原湯温泉観光協会によると、約400年前に突然湯が出なくなった際、温泉臭に似た卵を産む鶏を源泉に献上したところ、再びお湯が吹き出し、うれしさの余り湯をかけ合ったのが由来とされている。

 以来、住民は絶やさず伝統の祭りを守り続けた。前原誠司国土交通相がダム建設の中止を表明し、生活再建計画が暗礁に乗り上げた今年も例年どおりに開かれた。

 24日も地元住民らと前原国交相との初の意見交換会が予定され、ダム問題は解決の糸口が見えない日々が続くが、川原湯温泉旅館組合長の豊田明美さんは「祭りは川原湯の象徴。前原国交相にも是非参加してほしい」。白組の大将、冨沢和久さん(41)は「ずっと伝統を守り続けていく。それだけです」と話していた。

【関連記事】
裸の男「蘇民祭」ポスター JR「今年は問題なし」
日本三大虚空蔵尊 圓蔵寺「七日堂裸まいり」
裸の思い残す 妊娠・闘病…30代女性がヌード撮影を依頼するワケ
冷水かぶって「エイッ!」 東京・神田明神で寒中禊
水着?下着?女性用ふんどし「ななふん」

高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
<合掌土偶>八戸市が商標登録 「広く使って」 業者の独占防ぐ(毎日新聞)
<訃報>杉下雅章さん74歳=元新光証券会長(毎日新聞)
【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減−厚労省が通知へ(医療介護CBニュース)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 17:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
携帯ホームページ
債務整理・自己破産
債務整理 無料相談
出会いランキング
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    桃医 (01/08)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    オリンキー (01/03)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    タンやオ (12/30)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    モグモグ (12/18)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    俊之 (12/05)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    機関棒 (11/26)
  • 女児助けようと大人2人おぼれ、女性が死亡(読売新聞)
    XXまるおXX (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM